ウェディングドレスや和装の姿も

記念に残る一枚を撮影

結婚式を挙げるにあたり、写真撮影を行うのが一般的ですが、結婚式当日に新郎新婦だけの記念に残るドレス姿等を撮影するのは、時間的にかなり厳しくなります。もちろん、結婚式を挙げている状況の中での撮影は基本的に行われますが、ゆっくりと二人だけの撮影は、別の日を設定した方が良いでしょう。結婚式の撮影では前撮りがあり、結婚式の前の段階で撮影のためだけに行われます。これならば、結婚式当日ではないため、時間に追われ、バタバタと慌てることもないでしょう。時間に追われた状態では、焦ってしまい撮影時の表情にも表れてしまうことがあります。前撮りであれば、ゆったりとした時間が流れていきますので、表情も穏やかになり大切な一枚が撮影できます。

結婚式と違った衣装で撮影

結婚式当日の新婦は、ウェディングドレスと衣装替えでカラードレスを着用したり、和装のみで行われたりします。しかし、前撮り撮影であれば、和装も着てみたい、ウエディングドレスも着てみたい、さらにはカラードレスも着てみたいという新婦の希望にも対応してくれます。時間的にも余裕がありますので、色々な撮影を行うことができるでしょう。もちろん、新婦だけではなく新郎も同様で、タキシード姿や紋付き袴姿、さらには仕事関係で決まったブレザー等があれば、色々と着たいものを着て記念撮影できます。人生の中でもとても記念に残る一枚となりますので、後悔しない写真を残すためにも、前撮り撮影で色々と写真を残すことはとても有効です。