衣装と小物を合わせて

成人式の前撮りはいつやるの?

成人式での定番イベントである前撮りはいったいいつやるのがいいのでしょうか?成人式が1月に行われる場合、その2~3カ月前である秋ごろに前撮りをする人が多いです。そのためこの時期は予約が込み合い、なかなか予定が合わないこともあります。そこでここでは、4~6月をおすすめします。なぜこの時期なのかというと、まず気候的に比較的涼しく、振袖を着ても暑くも寒くもないという理由が挙げられます。さらに、外で撮影したい場合は、桜などの景色と一緒に撮影ができ、より写真が映えます。外での撮影を希望する場合は、桜が咲いてから梅雨が始まるまでの間に前撮りをすると良いでしょう。また、お店によっては早期予約による割引も受けることができます。

小物を使ってより華やかに

もちろん振袖だけでも素敵な写真になりますが、小物を用意すればより華やかになります。代表的な小物として髪飾りがあります。髪飾りは顔に近い位置にあるため、髪飾りが変われば写真から受ける印象ががらっと変わります。では、実際にどんな髪飾りを選べば良いのでしょうか。髪飾りを選ぶ上で気を付ける点は、演出したいイメージに合わせたものを選ぶことです。例えば、薄ピンク色や薄黄色は優しいイメージを演出してくれます。この他に、紺色や朱色は上品で大人びたイメージ、映える色同士を組み合わせたものは個性的でおしゃれなイメージを演出してくれます。まずは、自分がどんな写真にしたいのかを考え、それに合わせて振袖と髪飾りなどの小物の配色を決めましょう。